駿台海外校_入塾案内
15/24

14日本の大学の帰国生入試のメイン科目となるTOEFLiBT®、日本語小論文の対策を行います。SAT各分野やSATSubjectMath、NY・NJではPhysics/Chemistry等の対策も行います。海外の大学はもちろん、日本の大学入試でもSATが必要となる場合があります。インター生の場合は、帰国生入試対策をとる必要がありますが、帰国生入試で圧倒的な合格実績を有する駿台国際教育センターとの連携で、正確な情報をもとにした進学指導体制をとることができます。だからこそ、日本の高校に編入・卒業する場合でも利用可能な帰国生入試や、理系に多く見られる一般受験併用入試等の多様なニーズにも対応することができます。授業は、校舎や学年、科目によって、集団授業または個別指導の形式をとります。授業の設置状況も異なりますので、詳細につきましては各校舎までお問い合わせください。海外の大学入試はもちろんのこと、日本の大学入試でも、グローバル化が推進される現在において、英語力の4技能の習得が推奨されています。特に代表的なTOEFLは、帰国枠・AO枠で採用される傾向があります。スコアは2年間有効ですが、早稲田大学の政治経済学部をAOで受験する場合のように、有効期限が短い場合もありますので、受験戦略も考慮した対策が必要となります。ミシガン州認可の全日制私立学校(幼稚園から高校)で、高校生の課程では、帰国生入試や帰国編入、現地校への移行など多様なニーズにきめ細かく対応しています。現地校に通う生徒のための補習校です。高校部では主に日本の大学入試を意識したカリキュラムで、英数国の基礎固めからTOEFL®、SATのスコアアップ、実際の入試に対応できる応用力の醸成まで行っています。選択授業で小論文や時事問題、物理・化学・生物なども受講できます。アフタースクールの高校生対象プログラムでは、TOEFL®やSATのスコアアップ、単語力増強講座、小論文・時事問題、物理・化学・生物、数学、古典などの講座編成で、帰国受験や編入試験のための実力養成を行い、毎年、旧帝大や早慶のほか米国の超一流大学にも合格者を出しています。早大系列の早稲田渋谷シンガポール校があるため、大学受験では、推薦制度を利用する場合が多く、学校での成績が最重要となります。シンガポール校は、早稲田渋谷が設立した当初から推薦対策を重視し高い実績を残しています。また、一般受験の場合でも、駿台予備学校のノウハウという強みがあります。どの教科も基本を大切にしていきます。早稲渋生の場合、学校の成績では評定平均4.0以上を確実に取るように指導をします。特に高2の9月の実力考査からは、結果が早稲田大学の推薦ポイントに加算されますので、早期に学習習慣を確立する必要があります。OB・OGもたくさん進学していますので、情報入手もお任せください。インター生の場合は、計算や文法などの基本を確立していきます。特に、日本の数学や国語の学力は、学生・社会人としてかならず身に着けておく必要があります。また、ハイレベルな英語力の習得のために英文法の理解を重視しています。帰国生大学入試で圧倒的な実績を誇る「駿台国際教育センター」や、「駿台予備学校」と連携して進学指導を行っています。ニューヨーク/ニュージャージー/ヒューストン大学受験コース小論文対策コースSAT対策コースナショナル校在籍生コースTOEFL® /インターデュッセルドルフ/ブリュッセル/ミュンヘン現地校の生徒を中心に、〈 TOFEL対策 〉〈 その他 〉・IB対策IBの最終結果(RESULT)は、海外大学入試や、慶應義塾や東大、京大経済等の帰国生入試の成否を決めるものです。駿台海外校では、特に要望の多い、化学や数学などの指導を開設しています。・英検対策講座文法・長文読解・リスニング対策などを設置します。・編入試験対策突然の帰国で編入対策までの時間が限られることもありますので、なるべく早くご相談ください。アメリカに住む日本人(幼稚園から高校生)を全日制補習校アフタースクール対象にした総合教育施設です。ミシガン国際学院高1〜3英・数・国シンガポール〈 大学入試対策の小論文 〉帰国生入試やAO入試の根幹をなす講座です。読解力や理解力、記述力といった学力はもちろんのこと、普段から世の中のニュースや、日本と現地の話題に関心を持つことによって得られる知識が必要です。小論文の授業を通して、これらの学力・知識、そして姿勢を培ってまいります。また、小論文対策は志望学部の選定や、志望理由書作成、面接対策においても大きな役割が期待できます。各コースにおいて高校生の指導を行っています。一般入試にも、帰国生入試にも対応可能です。特に理系科目はたとえ帰国生入試であっても、入学後を考えて一般入試なみの力が必要です。高等部

元のページ  ../index.html#15

このブックを見る