帰国生中学入試の現状
 一般入試の影響を受け、帰国生の受験者も年々増加傾向にあります。それに伴い、帰国生の受け入れに積極的な中学校も徐々に増え、帰国生入試を実施するか、あるいは帰国生に対して何らかの優遇措置や配慮を設けている中学校は、現在首都圏にある全中学校の半数にものぼります。その中には帰国生を受け入れた後もしっかりとした教育方針を持ち、帰国生の資質を伸ばそうと取り組んでいる学校もありますが、一方で少子化による生徒数の減少を穴埋めする目的で帰国生を受け入れ、入学後に何のフォローもない中学校があることも事実です。入試だけにとらわれず、中学入学後も見据えて学校を選ぶ必要があります。


 また近年の傾向としては、インターネットの普及により、以前に比べて中学入試に関する情報が海外でも格段に手に入りやすくなりました。募集要項はもちろん、学校説明会などのイベント情報なども簡単に入手することができますし、学校側への問い合わせもメールでできるようになりました。国内生はもちろん帰国生にとって、インターネットは中学入試に必要不可欠だといえるでしょう。

 

 

帰国生中学入試のパターン  




■科目

国語・算数・(作文)・面接

■対策

2科または2科と作文で受験でき、国語と算数は一般入試に比べて基本的な問題が多い傾向です。試験日程は一般入試よりも早く、年内に実施する学校も増えています。一部の中学校では、作文と面接、あるいは面接のみというように学科試験を課さないところもあります。



■科目

国語・算数・外国語・(作文)・面接

■対策

求められる外国語力は学校によって様々で、英検準1~2級程度の英語力を求める中学校もあります。受験の1~2年前に帰国して受験準備をする人も多くいるため、英語だけの対策ではなく一般生並みの国語・算数の学力を養う必要があるでしょう。




■科目

国語・算数・面接 または 国語・算数・理科・社会・面接

■対策

若干名の募集が多く点数配慮も学校によって様々なので、一般生とほぼ同レベルの学力を要求していると考え たほうがよく、①と比べて大幅に入りやすくなるということはないでしょう。




■科目

国語・算数 または 国語・算数・理科・社会

■対策

2科で受験できる学校もありますが、4科受験が一般入試の主流となっています。帰国生でもレベルの高い学校を狙うのであれば、少なくとも5年生から4科を学習しておいたほうがいいでしょう。赴任地に日本の塾があったとしても、海外では首都圏のように大多数の生徒が中学受験塾に通って競い合う環境ではないため、相当な決意をして受験に臨む覚悟が必要です。特に理科や社会は日本にいないため、自然と触れ合ったり、都道府県に実際に行ったりして覚え学ぶということが難しい感があります。入試問題に関しては、それぞれの学校で特色をもった出題をされることが多いため、受験に必要な基礎知識は国内の生徒と同様に小6の夏休みまでに習得し、受験校の過去問演習も含めて実戦的な練習をした上で受験に臨んでほしいと思います。中学入試は知識偏重で処理能力の速さを問う問題での入試のように考えられがちであり、確かにそういった側面もありますが、自分で考えて記述する問題、実生活に即した側面からの出題をする学校が次第に増えています。入試問題はどのような生徒が欲しいか、という学校の意思の表れなので、受ける側もしっかり対策を練って臨むべきでしょう。

海外入試を行う中学校  
近年、アジアを中心に全国の私立中学・高校が海外入試を実施するケースが増えてきています。時期的には国内の一般入試に先行して11月、12月上旬に実施されることが多いため、その時期にあわせた受験勉強も必要になります。日本に帰国せずとも受験できるという点に関しては、精神的にも体力的にも負担の軽減となるでしょう。

同志社国際 ニューヨーク、ロサンゼルス、ロンドン、シンガポール
立命館宇治 香港、上海、シンガポール、ロンドン、ニューヨーク
啓明学院 シンガポール
関西学院千里国際 ロンドン、ロサンゼルス、ニュージャージー、シンガポール
茗溪学園 香港、上海、シンガポール、ロンドン、シカゴ、バンコク
富士見丘 ニューヨーク
明徳義塾 ホーチミン、ジャカルタ、上海、クアラルンプール、シンガポール、
台北、北京、香港、バンコク
宝仙学園理数インター 台北、上海、ソウル、ハノイ、ニューヨーク、サンフランシスコ、
サンノゼ、アトランタ、シンガポール、シカゴ、バンコク

 

 

 

公立中高一貫校について  
 公立中高一貫校は中等教育の一層の多様化を図るため1999年に設立されました。2011年時点では42都道府県に179校の公立中高一貫校が設置され、2012年に4校、2013年に1校、2014年に2校、2015年に1校の開校が新たに予定されています。2008年度の入試では埼玉・千葉・東京の公立中高一貫校に約1万人以上の受験生が集まり、中には20倍を超える人気の中高一貫校もありました。その要因は、私立に比べて学費面のメリットがあることや私立中高一貫校に勝るとも劣らないカリキュラムが挙げられます。今後も日本全国に公立中高一貫校を続々と開校する予定があり、全国で約500校の設置が目標とされています。

 

■対策

 公立中高一貫校では、入学試験ではなく適性検査が実施されています。都道府県や学校によって内容は異なりますが、出題のねらいは「読む、考える、書く力を見る」という点で共通です。適性検査は、科目に分かれた試験ではなく総合的なものが問われます。「答えが一つではない」問題が多く、まさに「考える力」を持った人材を求めていることが問題からも読み取れます。  対策としては、4科の試験がないからといえども学科の勉強が不要というわけではなく、基本が4科の学習にあることはいうまでもありません。基礎的な学習をしっかりと身に付けた上で、応用力を鍛えていく必要があります。日頃から興味の幅を広く持ち、どんなことについても、疑問点を自分で調べていく習慣をつけることが大切です。数的パズルや地図やグラフ・図表などに親しみ、少子高齢化や地球温暖化など身近な社会問題に対する意識を持ちましょう。家庭内で新聞やテレビのニュースについて話し合うことが効果的ではないでしょうか。また、多くの学校の受検で作文が課せられます。作文の形式としては、自分の考えや意見を300~600字程度で書かせるケースが多いです。子どもの学力には個人差がありますが、小学校の基礎的な学習ができており、普段から「読む、考える、書く」習慣が身についている生徒であれば、6年生からのスタートでも遅くはありません。